中古車をオークションで買ったら納車までどれくらい?利用の流れを徹底解説

この記事を書いた人

上海交通大学修士課程修了後、新卒で中古車業界最大手に就職。営業の現場から経営戦略まで幅広く業務を経験。 2022年に(株)Contigoを設立。

中古車をオークションで購入する時、気になるのが「納車までどれくらいかかるのか?」です。

代行業者を通す場合、納車までの期間が長くなってしまうのではないか不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、この記事では「車をオークションで購入した場合納車までどれくらいかかるのか」について解説します。必要な手続きについても理解して、納車までの流れを頭に入れておきましょう。

中古車のオークションに参加する方法は?納車までの流れは違う?

まず、車をオークションで購入した際の納車までの流れを確認する前に、参加する方法についてご紹介します。

車のオークションには、特別な資格や条件が設定されていることが多いです。個人が参加するにはどうしたら良いのかというと、二通りの方法があります。

①オークション代行業者に依頼

まず個人が車のオークションに参加する場合に一番現実的な方法が「代行業者に依頼する」ことです。手数料はかかりますが、代わりに指定した中古車を代理で落札してもらうことができます。

もちろん、業者によっては購入時の点検や試乗などで車のコンディションを確認することも可能です。納車までの流れにおいて、一部手続きを代行してくれる業者もあります。

ただし、どんなに質の良い代行業者に依頼したからといって必ず落札できるわけではありません。車によっては複数回参加してもらい、その度に手数料を払う必要があります。

②オークション会員になる

代行業者に支払う手数料を節約するために「オークション会員になる」のが次の選択肢です。

ただし、こちらに関してはあまり現実的ではないでしょう。特に業者専用のオークションに参加するには、以下のような条件が設定されていることが多いです。

  • 古物商許可証を取得してから指定年数の経過
  • 連帯保証人の設定
  • 車の販売・保有スペースの確保
  • 保証金の預託

ネックとなるのは古物商許可証の取得と車保有スペースでしょう。今すぐに車のオークションに参加したいとなると、代理業者への依頼が現実的です。

【参考:USSオークション「FAQ2.入会のお申し込みにはどのような書類が必要ですか。」

車のオークション代行業者を利用した際の納車までの流れ

車のオークションの参加方法は二通りありますが、オークション代行業者に依頼するほうが手軽で早いです。車のオークション代行業者による納車までの流れについて解説します。

オークション前日まで

代行業者に依頼する場合、オークション前日までの流れは以下のようになります。

  1. 購入したい車の条件を決める(車種・色・走行距離など)
  2. 代行業者と契約
  3. 購入したい車を探してもらうor探す

購入したい車を探す時、代行業者に探してもらうパターンと自分で出品リストから探すパターンがあります。

代行業者に探してもらう場合、あらかじめ決めた条件に沿ったものを探してもらうことが可能です。一方、オークションが提示する出品リストから自分で探すこともできます。どちらの方法でも、会場に行って確かめるのは代行業者の役目となり、一般の方は会場に立ち入ることができません。

オークション当日

当日のオークションでは、まず車両下見を行い、その後10台以上の車が同時にセリにかけられ進行します。

この車両下見の段階で、代行業者は希望の車種の試乗を行い点検を行います。また、業者によっては現場での写真や動画を送ってくれることも。クライアントも安心して確認できます。

購入となったらセリに入り、落札できれば納車までの手続きに入ります。ここで落札できなかった場合の手数料は業者ごとに違うため、落札できなかった場合のことも事前に確認しておきましょう。

当日から納車までは約2週間

無事に希望の車が落札できたら納車です。納車までほとんどの業者で約2週間ほどかかります。

  1. 車庫証明手続き後、代行業者まで陸送
  2. 整備・点検後、クライアント試乗
  3. 契約と車庫証明などの手続き
  4. 納車整備後に納車

ただし、落札後の整備・点検を行うかどうかは代行業者によって違います。整備・点検を行わない場合は、自分で整備・点検を行う業者を見つける必要があります。

中古車をオークションで買った時に必要な納車までの手続き

車をオークションで購入した際、納車までの期間と手続きが気になる部分です。まずは車のオークション後、納車までの手続きに注目してみましょう。今回はクライアント側(購入者側)に必要な手続きをご紹介します。

①車の確認

まずは、代行業者に納車された実車を、実際に購入者が確認します。

事前の点検・整備が可能な代行業者の場合、整備・点検は購入者の実車確認前に行われることがほとんどです。そのため、ある程度整備された状態で実車確認をすることができます。

ここからさらに納車前整備を行う業者もあるため、気になる部分があれば伝えておくようにしましょう。

②書類の提出

実車を確認して納得したら、関係書類の提出に入ります。オークションで購入した際の納車手続きには、以下の書類が必要です。

  • 車庫証明書
  • 印鑑証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書 など

車両の購入には名義変更などいろいろな手続きが必要なため、用意する書類も多いです。代行業者に依頼するとこれらの手続きも代行してもらえる場合があります。

その代わり手数料がかかる場合も。それでも面倒だったり時間が取れなかったりする場合は依頼しても良いでしょう。

③納車

手続きを終了し、車両の名義変更と残金の支払いが終わったら無事に納車となります。

納車の際には代行業者の説明を受け、引き取りを行うことが多いです。代行業者によっては自宅まで納車してもらえる場合もあるため、納車の際の流れについては事前に確認しておきましょう。

まとめ

車のオークションでの落札を代行業者に依頼する場合、納車までは2週間程度車を預かってもらう必要があります。その期間は不安かもしれませんが、期間がわかっていれば安心ですね。

納車までの期間中に、落札した車両の点検や設備を行ってくれる代行業者も多いです。落札した車を安心して受け取ることができます。第三者検査を行っている業者だとより安心して任せられることでしょう。

また、納車までの面倒な手続きを代行してもらうことも可能です。自分は書類を用意するだけで良いのも、代行業者に依頼するメリットといえるでしょう。オークション代行はまだ一般的にはあまり知られていませんが、今後クルマの売り方の主流になっていく可能性があります。ぜひ、ひとつの手段としてご検討ください。