オークションでよく聞く「スタート価格」とは何?スタート価格の設定方法も解説

この記事を書いた人

上海交通大学修士課程修了後、新卒で中古車業界最大手に就職。営業の現場から経営戦略まで幅広く業務を経験。 2022年に(株)Contigoを設立。

オークション代行サービスを利用する場合には、必ず「スタート価格」が重要になってきます。

しかし、実際にオークション代行を利用したことがない方にとっては「スタート価格」とは何のことを意味しているのか、理解していない方も少なくありません。

そこで、この記事では「オークション代行のスタート価格」について、初心者でも理解できるよう、分かりやすい内容をまとめました。

この記事を最後まで読んで頂ければ、オークション利用時のスタート価格の意味や設定方法を理解できます。

「オークション代行のスタート価格」について、知りたい方は、是非参考にしてみてください。

オークション代行には「スタート価格」と「売却希望価格」の2つがある

まず、オークションには「スタート価格」の他にも「売却希望価格」という価格設定があります。

それぞれの意味を説明すると「スタート価格」とは、出品された車の競りがスタートする際に最初に設定される価格のことです。

具体的に説明すると、出品する車のスタート価格を100万円で設定した場合には、100万円からオークションの競りが業者間で始めることを意味します。

一方「売却希望価格」とは、一定以上の金額になったタイミングで販売を決定する目安金額」のことを意味します。

具体的に説明すると、例えば、スタート価格を100万円、売却希望価格を150万円で設定した場合、150万円の落札金額を提示する落札業者がいれば、落札を決定するという意味になります。

まずは、2つの価格の設定があるということについて理解しておきましょう。

スタート価格の設定方法

次にスタート価格の設定方法について解説します。

初めてオークションを利用する方にとって「スタート価格の設定方法」は、自分の車を出品する際に悩むポイントです。

価格が安すぎてもいけないですし、逆に価格が高すぎると落札されない可能性が考えられます。

この悩みを解決してくれるのは、やはり「オークション代行」を利用することです。

オークション代行サービスでは、車の出品から、スタート価格の設定や落札された後の手続きまで全ての流れを代行してくれます。

そのため、スタート価格の設定が分からない方でも、代行業者に相談すれば、相場の価格などを勘案しながら、スタート価格を設定してくれます。

ご自身で情報収集をしてスタート価格を設定しようとするよりも、プロに任せた方が安心です。

そのため、スタート価格の設定方法は、オークション代行サービスを利用することで解決できそうです。

Twitterにも、スタート価格について、以下の口コミが紹介されていました。

やはり、プロの力を借りずにスタート価格を見極めるのは、難しそうですね。

スタート価格と売却希望価格の最適な差はどのくらい?

オークション代行の競りでは、参加している業者がボタンを1回押すごとに、価格が3,000円〜5,000円単位でアップしていきます。

そのため、スタート価格と売却希望価格の差は、出品する車が売れるか売れないかを左右する重要なポイントになります。

スタート価格と売却希望価格の差が大きいほど、多くの落札希望者が必要になります。

スタート価格と売却希望価格の差につきましては、やはり「オークション代行サービス」を利用して、代行業者と一緒に相談しながら決めることが一番の解決策になります。

オークション代行を運営しているスタッフはどの方も、オークションのプロの方です。

オークションのプロの視点を抑えながら、出品する車のスタート価格と売却希望価格を決めることで、ご自身の車が高値で売れやすくなります。

まとめ

オークションを初めて利用する方にとって、売却を検討しているクルマの最適な「スタート価格」と「売却希望価格」を設定することは、難しいかもしれません。

そのため、スタート価格や売却希望価格の設定に悩む場合には「オークション代行サービスの利用」をおすすすめします。

オークション代行では、オークションのプロの担当者があなたの車を情報や状態を確認して、最適なスタート価格を設定してくれます。

信頼できる業者が見つかれば、クルマを売却する際の強力なパートナーになってくれるかもしれませんね。

この記事の内容を参考に、是非オークション代行サービスの利用を検討してみましょう。

オークションへの出品について、疑問点や不安な点がある方は、ぜひオートオークション.jpにお気軽にご相談ください。